男の人

家屋解体は計画的に行なうことが大切である

事故を防ぐために

瓦礫

事故の発生が多いので安全に留意

大阪でも家屋解体の工事は新築工事に比べて事故の発生が多くなっています。現場で新築工事よりも少ない配員であることも原因の一つです。家屋解体の工事は新築工事と異なり出来るだけ費用が掛からないように工夫をしなければなりません。結果として解体工事の現場の配員は最低限となることが多くなります。計画通りに解体工事が進めば問題は生じませんが、往々にして工事の途中で予想できないことが起こりがちになります。本来は一旦工事を止めて再検討すべきところですが、工事の進捗を急いだり、大した変更ではないと思ったりして、時間や費用を掛けることを省略すると事故が起こってしまうことがあります。事故の復旧や工事の遅延で却って費用がかかることになります。

突風対策も重要である

解体工事においては風対策も重要です。解体工事を行うことによって既存建物の解体材が対象に発生することになります。台風や突風が来るとこうした解体材から発生した粉じんなどが風によって飛散する可能性があるので充分に水を撒かなければなりません。一般的に飛散を避けるために解体工事現場では外周足場を養生シートで覆うことになります。養生シートは風を受けると重わぬ力で足場を揺らしますので、足場が倒壊したというような事故は大阪でも多く発生しています。風の強い時は飛散を防ぐための養生シートは畳むことは出来ませんので足場を倒壊しないようにアンカーで解体する建物に緊結する必要があります。一か所でもアンカーが弱いところがあるとそこから捲られるので点検を十分しなければなりません。

壊すときもお金が必要

工事現場

建物を解体するときには解体費用が掛かってきます。当たり前のことではあるのですが、住宅の建て替えをする際に解体費用が掛かることを知らないまま依頼をしてくる人は意外と多いようです。

View Detail

耐用年数を目安にする

塗装

日本には多くの住宅が木造で出来ています。木造住宅にも耐用年数があり、その年数に応じて建て替えやメンテナンスをする必要があります。建て替えを行なう際は解体工事をしなければなりません。

View Detail

複数の業者を比較する

アンテナ

解体工事を業者に依頼したいのであれば、比較サイトなどを活用して見積もりを出してもらったり、詳細を調べたりしてみるとよいでしょう。いくつかの業者を比較することで相場を知ることが出来ます。

View Detail

Copyright© 2016 家屋解体は計画的に行なうことが大切である All Rights Reserved.